誰にも聞けない!包茎治療はどんな種類があるの?

包茎は治療する事が推奨されている!

多くの男性のコンプレックスとなっている包茎は治療する事が推奨されているんですよ。日常生活であまり支障が出ないといった理由から放置している方も少なくないですよね。しかし、包茎には放置するメリットがありません。普段は包皮に包まれていて通気性が悪く雑菌や細菌が繁殖しやすく、恥垢が溜まったり悪臭の原因となります。また、刺激に弱くなり早漏で性行為に満足する事が出来なかったり、性病感染のリスクも高くなるといったデメリットもあるので包茎の方は治療を検討した方が良いでしょう。

自宅での包茎治療のメリット・デメリットは?

現在は、インターネットのサイトや雑誌の通販で購入出来る包茎治療グッズも多くあります。一度は目にした事がある方も多いと思います。自宅での包茎治療のメリットとして、誰にも見られる事がない点やリーズナブルな価格のグッズも多いといった点が挙げられます。気軽に治療出来るメリットがある一方で、慣れない器具を使用する際に怪我をする恐れがあったり、包茎の症状を緩和出来ても完治させれないグッズも多い事に注意をする必要があるんですよ。

病院での包茎治療のメリット・デメリットは?

病院で包茎を治療する最大のメリットは完治させれるといった点です。医療機関での治療なので高い安全性から安心感もありますよね。また、多くの方が不安に感じている治療後の見た目では、縫合を目立たない亀頭の下部で行っているので自然な仕上がりになり、他の方に見られてもバレる心配がありません。デメリットは、ある程度費用がかかる必要になる点や診察と治療の際に少なくても医師の方には見せなければいけないといった点が挙げられますが、綺麗に完治出来る事から病院でしっかりと治療する方が増えているんですよ。

母親が息子の包茎を悩むケースがありますが、第二次性徴が始まる前の子供の場合は大半が皮を被った状態です。無理に皮を?がさないようにしましょう。